モエカレサントラジャケット.jpg

Original Soundtrack「 My Boyfriend in Orange 」

by Sayuri Hayashi Egnell

劇中メインテーマ曲“My Boyfriend in Orange”をはじめとしたオリジナルサウンドトラック。

楽曲レコーディングは北欧ストックホルム!

音楽制作メイキング映像はこちら▼

音楽を担当するのはスウェーデン/ストックホルム在住の作曲家/アーティストのSayuri Hayashi Egnell(林イグネル小百合)

2014年“都市空間の国際サウンドコンペティション”で坂本龍一氏に選出され金賞受賞。

同年、ノーベル博物館主催の展示にてノーベル平和賞の音楽を製作し出品。

映画やCM音楽、ダンサーとのコラボやサウンドアート等、ストックホルムを拠点に幅広く創作活動を行う。

主な映画音楽作品に『午前0時、キスしにきてよ』(19),『青葉家のテーブル』(21)など。

ABBAの生誕地でもあり、レディーガガやビヨンセ等が訪れヒットを生み続けてきたストックホルムの

伝説的スタジオ“Baggpipe Studios”で行われ、“Star wars”や“Mission: Impossible II”などの演奏に参加した世界的バイオリニストで

オーケストレイターの指揮エリック·アルビンダー率いる、Stockholm Studio Orchestraが演奏。

また“プラチナジャズ”などの音楽で知られる世界的音楽プロデューサーのラスマス·フェイバーの元ミックスダウンが行われた。

​【映画内容】

2022年1番の胸キュンラブストーリー!?
デザート(講談社)にて現在絶賛連載中の玉島ノンによる「モエカレはオレンジ色」、通称「モエカレ」2016年より連載が開始

現在11巻まで刊行されており、「消防士かっこよすぎ! 」「ピュアすぎて胸キュン」など世代を問わず、

ときめきたい女性の心を鷲掴みにしている人気コミックスが満を持して初の映像化!

いつか私も誰かとあんな恋がしたい! 女子共感度120%!

サウンドトラックもキュンキュンしちゃいます。

But I Flow.jpg
Gekka.jpg
Cafuné_1.jpg
aobake soundtrack cover.png